ひな人形 選び方 ケース入り

ケース入りひな人形のメリットとデメリット

ひな人形の種類や大きさは様々ありますが、最近の人気はケース入りのお雛様のようです。

ひな人形の七段飾りにもなると、部屋の大部分をひな人形で埋まってしまうこともありますし、最近はマンション住まいの人も多くなってきていますので、コンパクトなケース入りのお雛様が人気があるようです。

そこでここでは、ケース入りのひな人形のメリットとデメリットをご紹介しますので、ひな人形を選ぶ際の参考にしていただけると幸いです。


一言でケース入りのひな人形と言っても、その種類の多さには驚くばかりです。
ひな人形の顔の表情から屏風の種類、ケースから雛人形までの全体の色柄、価格も様々です。
ケース入りのひな人形の共通のメリットは、ケースの中に最初から全ての人形や道具がセットしてあるので、飾る際は箱から取り出すだけですし、片付ける際も箱に入れるだけ全く手間がかかりません
その上、人形類を外に出さないのでホコリをかぶることもありませんし、子供に触られて壊れた、なんてこともありません。

そして置き場所もさほど取らないので、狭い部屋でも十分飾ることができます。
中には、たんすの上などにおけるほどコンパクトなものもありますので、お勧めです。


デメリットとしては、しまうときに意外と場所を取ってしまうという点です。
箱の大きさの片付けスペースが必要となるので、意外にかさばってしまいます。
また、コンパクトな反面、飾りや道具が限られているので見栄えが劣ります。


ケース入りのひな人形も七段飾りや三段飾り、平飾りもそれぞれメリットとデメリットがありますので、飾る場所や好みに応じて最適なものを選んでください。

お子様・お孫さまの桃の節句を華やかに迎えたい人におすすめのひな人形

「人形は顔がいのち」の 『 吉徳 』

「吉徳」は、ひな人形のインターネット通販では一二を争う品ぞろえ。
ひとつひとつ精魂込めて製造。高品質のひな人形がお求めやすい価格で購入していただけます。
豊富な品ぞろえの中から、飾るスペースや購入予算など「こんな雛人形があったらいいな」という声に応えるお店だと思います!

「人形は顔がいのち」の吉徳

「吉徳」のひな人形を見る

原孝洲

「原孝洲」のひな人形は、見る人の心をほのぼのと和ませてくれる、かわいらしい人形です。
木目込人形師「原孝洲」の、女流作家ならではのモダンと伝統を融合させた感性がいきたひな人形は、他にはない彩りです。

原孝洲

「原孝洲」のひな人形はこちら

ひな人形関連情報