ひな人形 選び方 注意

良いひな人形を買うときに注意することとは?

大切なお子さんやお孫さんへのひな人形選びは、楽しくもあり、また最高のものを選びたいと誰でも思うものです。

そこでここでは、良いひな人形を買うときに注意したいことをいくつかご紹介しますので、ひな人形選びの参考にしていただければ幸いです。


かわいいお子さんやお孫さんのためにひな人形を買うときは、吟味して、あちこち見てまわって、より良いものを買いたいとみなさん思いますよね。

良いひな人形を買うときにまず注意することは、「少し離れて全体を見る」ことです。
どうしても近くでじっくり人形の細部や道具の作りなどを見がちですが、それではひな人形の本当の良さがわかりません。

ひな人形は部屋に飾って、ある程度の距離から見て楽しむ物ですから、少し離れて見てみることをお勧めします

近くで見るとひな人形の着物から糸が1〜2本ほつれていた、目じりの線の長さが微妙に違うなど小さなことが目につくものです。
しかし、ひな人形は職人の手で、一つ一つ手作りで作られているため、一つとして完璧なものはあり得ないのです。
どんなに高価なひな人形でも、一つとして全く同じものはありませんし、また100%完璧なものはないと思ってください。

目を凝らしてアラを探してやろうという気で見てしまえば、何かしら気になるものですが、少し離れてみたときに見た印象が一番大切なのです。
少し離れて見たのに、明らかに左右の目のバランスがおかしい、着物の裾のほつれが目立つなどという場合を除き、ひな人形の全体のバランス、色合い、顔の表情などが良いものを選ぶといいでしょう。


その他に注意したいことは、ひな人形やお道具類の下に置く大きな台である「雛人形親王飾りの平飾り台」にあまりこだわらないことです。
これは、合ってもなくても良いものですし、また他のものでも代用することができますので、購入の際は気にしなくても大丈夫です。


また、ひな人形の衣装の素材も正絹にこだわる必要はありません
昔はひな人形の衣装には、正絹が使われることが多かったのですが、最近では安価な正絹で作ったものよりも、質の良い化繊物の着物の方が、色合いや風合いが素敵な場合もあります。
したがって、手触りや色合いなどから明らかに最高の正絹とわかる場合以外は、着物の素材にはさほどこだわる必要はないでしょう。


以上、良いひな人形を選ぶ時に注意したいことを少しご紹介しましたので、ひな人形を購入する際のお役にたてれば幸いです。

お子様・お孫さまの桃の節句を華やかに迎えたい人におすすめのひな人形

「人形は顔がいのち」の 『 吉徳 』

「吉徳」は、ひな人形のインターネット通販では一二を争う品ぞろえ。
ひとつひとつ精魂込めて製造。高品質のひな人形がお求めやすい価格で購入していただけます。
豊富な品ぞろえの中から、飾るスペースや購入予算など「こんな雛人形があったらいいな」という声に応えるお店だと思います!

「人形は顔がいのち」の吉徳

「吉徳」のひな人形を見る

原孝洲

「原孝洲」のひな人形は、見る人の心をほのぼのと和ませてくれる、かわいらしい人形です。
木目込人形師「原孝洲」の、女流作家ならではのモダンと伝統を融合させた感性がいきたひな人形は、他にはない彩りです。

原孝洲

「原孝洲」のひな人形はこちら

ひな人形関連情報