ひな人形 選び方 値段

ひな人形の値段の違いを知って賢く買う方法

ひな人形を買う際に気になるのが、その価格です。

ひな人形の種類が多いように、値段もピンからキリまであり、数万円のお手頃なものから高価なものになると100万円を超えるものまで様々です。

ここでは、ひな人形の値段についてご説明しますので、購入の際の参考にしていただけると幸いです。
ひな人形の値段は、素人にはそれが相応の値段なのか、それともお得な値段なのか、はたまたふっかけられているのか、判断することは難しいですよね。

例えば、同じ三段飾りでも10万円のものもあれば、5万円のものもあります。
一体この価格の差はどこから生まれるのでしょうか?


ひな人形の良し悪しは、顔や柄、仕立て、衣装の生地、生地の加工を見ればわかります
つまり、これらの差が価格の差になるというわけです。
安いひな人形の場合、後ろをみると、衣装の重ねに段ボールや厚紙を入れて厚みを出し、布を最小限に抑え、手間を省いている場合があります。

また、衣装の縫製が雑だったり、見える所だけ縫っていることもあります。


良いひな人形の場合、袖の幅がきちんと揃っていたり、生地を十分に使い、裏地もしっかり作られており、非常にラインがきれいです。


その他にも、顔の良し悪しでもその価格が適正かどうかを知ることができます。

例えば、びっくりするほど高い値段がついているのに、顔の作者が無名の人である場合、そのひな人形は避けた方がいいでしょう。
最上級のひな人形の場合、顔を含む頭部は、名匠と呼ばれる有名な作家が作っているものがほとんどで、それにふさわしい衣装を着せ、道具を揃えていることがほとんどですので、価格の割には頭部の作者が不明などという場合は、止めておいて正解です。


このように、ひな人形をじっくり見ると、その価格が適正なものかどうか判断する材料はたくさんあります。

ひな人形を買う際は、ある程度予算や種類が決まったら、その範囲内で最高のお雛様を選ぶようにしてください。

お子様・お孫さまの桃の節句を華やかに迎えたい人におすすめのひな人形

「人形は顔がいのち」の 『 吉徳 』

「吉徳」は、ひな人形のインターネット通販では一二を争う品ぞろえ。
ひとつひとつ精魂込めて製造。高品質のひな人形がお求めやすい価格で購入していただけます。
豊富な品ぞろえの中から、飾るスペースや購入予算など「こんな雛人形があったらいいな」という声に応えるお店だと思います!

「人形は顔がいのち」の吉徳

「吉徳」のひな人形を見る

原孝洲

「原孝洲」のひな人形は、見る人の心をほのぼのと和ませてくれる、かわいらしい人形です。
木目込人形師「原孝洲」の、女流作家ならではのモダンと伝統を融合させた感性がいきたひな人形は、他にはない彩りです。

原孝洲

「原孝洲」のひな人形はこちら

ひな人形関連情報